スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カギ針編み教室に参加

手芸教室

hug*hug内で開催されたかぎ針編み教室に参加してきました。

講師はLily&Uriの河手さん。わたしの尊敬するママ友達のひとりです。

カギ針を使ったボンボン作り。柔らかい色合いの毛糸の中から自分の好きな色を選び、コマ編みで丸く編んでいきます。
今回は珍しく、とっても女の子らしい色を選んでみたわたし。普段ピンクはあまり好きではないけれど、こういう色合いのピンクは好きだったりします。

1色編みのヘアアクセサリーと、3色編みのカラフルキーホルダーが、こんなにカワイく完成~♪
一生懸命作って出来上がった後のこの嬉しさ、爽快感!手芸もお菓子作りも、こういう気持ちはおんなじです。
家でも、時間があれば手芸にも挑戦してみたいです。
スポンサーサイト

ティラミス風の豆腐デザート

豆腐ティラミス

子供のために、豆腐を使ったデザートを時々作ってます。

で、アレンジしたのが、ティラミス風の豆腐デザート。絹ごし豆腐をハンドミキサーにかけ、そこへコーヒー味をプラスして作りました。

即席で作ったのでスポンジはシロップに浸しませんでしたが、コーヒーのおかげで豆腐の豆臭さが抜け、割と美味しくできましたー。

…ただ、やっぱりマスカルポーネを使ったティラミスのほうが断然おいしい…。
低カロリーで子供にはこっちのほうがいいかもしれませんが。

風邪には

ローズヒップ

薬ギライな旦那と結婚してから、わたしもすっかり薬ギライになりました。

風邪の時は、身体を温める効果のある食べ物や、ビタミンたっぷりのローズヒップティーや緑茶がいい。

自然と、風邪を引きやすい冬には、大根やかぶなどの身体を温める根菜が美味しい旬を迎えています。それを温かく調理して食べてよく休むだけで、何日かすればすっかりよくなります。

薬を飲むよりは治りがスローだけど、こういう生活を送ってみて、自分の治癒力が信じられるようになりました。
よっぽどの病気の時はムリかもしれないけれど、普通の風邪ぐらいなら、こうやって自然に、強い身体を作っていきたいものです。

育児サークルでのお菓子教室

縁があって、3歳児の育児サークルで講師をさせていただくことになりました。

わたしの夢のひとつは、子供対象のお菓子教室を主催すること。今回がそれに向けての第一歩になるような気がして、とってもワクワクしながら臨みました。


テーマは“パパへのバレンタインプレゼント”で、メニューは“型抜きクッキー(プレーン&ココア)”と“簡単チョコトリュフ”。

3歳の子供たちも一緒に作るので、材料や作り方は簡単シンプルです。

型抜きクッキー作業中

子供たちが一体どれくらいできるのか、不安ながらにも始めた教室でしたが、2歳になったばかりのうちの子も含め、意外に上手に作ってくれるではないですか!!!
ほんと、驚きです。

サークルアンパンマンクッキー

こちらは参加者のクッキー。子供の好きなアンパンマンを作ってます。
こういうところに親の愛情を感じて、なんだかじぃ~んときてしまいます。(涙もろくてすみませーん(笑))

途中にお昼ごはん、最後にラッピング&試食をして終了。
子供たちも“自分で作った”ということが嬉しいようで、本当に楽しそうに作業してくれました。後で聞いた話ですが、パパに渡す時も『わたしが作ったのー!』と本当に嬉しそうだったそうで。

子供たちの、そんな喜びを作ってあげられることができて、わたしも本当に嬉しい限りです。
今回のような教室、また機会があれば是非やってみたいなぁ~。
サークル教室ラッピング

hug*hug☆バレンタインお菓子教室

バレンタインお菓子教室

いつもお世話になっているhug*hugでのお菓子教室です。
今回はj初めて、調理室ではなくhug*hug内での教室になりました。

バレンタインを明日に控えているので、メニューは、“生チョコレート2種” と “チョコレートムース”。

生チョコのほうは生のミント葉を使ってミント味にしてみたり、コーヒーや紅茶、イチゴ味なんかも試してみたんですが、酸味の効いたフランボワーズ味を採用。
もうひとつは少しリキュール(ラムかコアントロー)を加えたプレーン味です。

ムースのほうは、先日作った無添加ゆずジャムを少し加えた濃厚なチョコムースです。


どちらも作り方はカンタンです。

ただ、hug*hug内は炊事場がとても狭い&お湯が出ない…で、洗いモノがたまってバタバタしたり、道具を自宅から大量に持ち込まなくてはいけなかったり、ハンドミキサーのコンセントが足りないのでストーブのコンセントを抜いて使わせてもらったり…。

やっぱり当日はバタバタしてしまいますね…。参加いただいた方、わたしの手際が悪くてどうもすみませんでした。

でも、最後にはみなさん、上手に仕上げてラッピングまでできました。試食分も結構たくさんできたので、バレンタイン前日にチョコ三昧といった感じでした(笑)。

今回もいろいろ反省点もありますが、生徒のみなさんのお菓子たちが上手に仕上がっているのを見ると、本当に嬉しくて、次へのやる気につながります。

参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました~。

クッキーな毎日

クッキー

ここ数日、毎日のようにクッキーを焼いてます。今度、育児サークルのお菓子教室の講師を頼まれていて、そこで作る卵ナシの型抜きクッキーの試作のためです。

わたしの基本の型抜きクッキーの配合には卵が入っているので、それを抜いてちょっとずつ材料を変えていろいろ試しました。全粒粉の歯ごたえとブラウンシュガーの優しい甘味でわたしの個性をプラス。

とってもシンプルな配合&作り方のクッキー。
こういうのが一番おいしいのかもしれないなぁ…いろいろ作ってみて、そう思います。

おうちでプチお菓子教室?

今日は義妹さんが我が家に来てバレンタインの手作りお菓子を教えて欲しいというので、喜んでお請けすることに。

リクエストは、前にプレゼントしたことのあるアーモンドチュイールと、他チョコ菓子一品、それに、初めてだから作りたいということで、シュークリーム。

アーモンドチュイールは混ぜて焼くだけなので、簡単に完了。バレンタイン菓子ということで、上にカカオニブ(カカオ豆の皮のカス)を乗せて焼きました。

次に、シュークリーム。
まずはカスタードクリームから。材料に素朴な甘味のブラウンシュガーを使ったので、少し茶色いクリームになりました。
シュー生地は小さめに。上にあられ糖を乗せて焼いたら、とってもカワイくなりました♪
シュー生地

余った生地を小さめに絞ってあられ糖を乗せて焼く“シュケット”も作りました。こちらにはクリームは入れないので、子供にいいおやつになりました。

カスタードクリームは生クリームと混ぜてとろ~りクリームに。クリームが足りなかったので、残りは生クリームとイチゴを詰めてみました。
イチゴを乗せるとやっぱり見栄えがいいです。
イチゴシュー


バレンタイン用のもう1品は、丸く焼いたクッキーの間にガナッシュをはさむというものに。
アーモンドパウダーたっぷりのクッキーなので、風味がとってもいいです。こちらもブラウンシュガーを使ったので、いい甘味があります。
ビスビス

チョコをはさむとまた格別!改めてチョコとアーモンドの相性の良さを実感します。

以上で本日の教室終了~☆
喜んでもらえて嬉しかったし、一日中ずーっと作ってばかりでわたしも楽しかったです。それに、自宅なので好きな時に道具や材料を取り出せて、すごくやりやすかったです。

前々から自宅でお菓子教室を開くってのはわたしの夢のひとつだったのだけど、うちの旦那が見知らぬ人を自宅に入れるってのに抵抗があるようで…教室を開くのは少々諦めモードです。
でも、こうやって身内や友達に教えるくらいなら大丈夫かも。また希望者があればやりたいなぁ~。

チョコレートの魅力

今年は二ヶ所からバレンタインに向けた教室の講師の依頼を受けています。

その試作で、毎日チョコだらけ。
口の中でとろけた後にしばらく甘くてほろ苦い余韻が残って…チョコを食べた時ってなんとも言えない気持ちになってしまうのはわたしだけではないハズ。

そんな感じで自分はチョコをちょこちょこ食べているのだけど、我が家の2歳の息子にはまだまだ早い。チョコをあげる気はないし、本人も色の黒い物体を食べ物だとも思っていない様子だから、できればこのままでいて欲しいなぁ~なんて。

なんで避けたいかって、チョコレートは大人の食べ物だからです。
(笑)大人だからって威張ってるワケじゃないけど、ホントの話。

チョコレートはアルコールと同じように、食べ続けているとだんだん依存してしまい、本当にチョコレートが手放せない中毒症になっちゃった!なんてことになりかねないそうで。
だから、ちゃんと気持ちを抑制できる(って、ワタシできてるのか?)大人じゃないと、チョコレートは食べちゃダメ。

でも、チョコレートのことを全く否定するわけではありません。
どちらかと言うと、カカオには実はものすごい力が潜んでいるんじゃないかと、期待する気持ちのほうが大きいのかも。

カロリーは高いとは言うけれど、カカオ脂は他の脂質に比べて低エネルギーで良質だし、栄養面でもかなり優れています。それに、病気予防やストレスを解消、集中力を高める効果もあったり…と、チョコレートは実はスグレモノなのです。大昔は万病に効く薬として用いられていたそうな。

ただ、あま~いチョコにはお砂糖がたっぷり。カカオにはホントは虫歯を防ぐ性質もあるみたいけど、砂糖が入っているおかげで食べるとやっぱり虫歯が出来やすいです。
やっぱり子供のうちは食べさせたくないなぁ~。

今は欲しがらないからいいけど、もし欲しがったらカカオ100%のにが~いチョコを渡してみようかな。(鬼ママかしら???)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。